女性向けの安心とワークライフバランスの実現に向けた保険商品

女性特有の病気に強い!女性にオススメしたい医療保険をご紹介

女性特有の病気が不安だったので女性向けの医療保険を探していました。

せっかくなら保障範囲が広い保険商品と考えて色々検討しましたが、S社のF保険は「子宮筋腫」「子宮がん」「卵巣のう腫」「乳がん」だけでなく、身近でよく聞く病気による入院まで重点保障してくれる点と計画的な貯蓄も可能な点がより良いと判断できたため死亡保障が付いた女性限定の医療保険に加入しました。

まず、ここでF保険の特徴は大きく3つあります。

■特徴1

入院しなくても3年ごとに10.5万円(プラン2の場合)のボーナス(生存給付金)を受け取ることができ、保険を持ちながら計画的な貯金ができます。

■特徴2

女性特有の病気はもちろん、膀胱炎などの女性にも多い病気、すべてのがん、妊娠出産関係による入院を日額15,000円と手厚く保障してくれます。

また、その他ほとんどすべての病気やケガによる入院も1入院につき180日、通算1000日まで日額10,000円で保障してくれ、入院の保障は日帰り入院から保障されます。

■特徴3

入院時だけでなく、手術を受けられた時、死亡や高度障害になった時までトータルに保障します。

また、医療用新先進医療特約を付加することで公的医療保険が適用されない先進医療に係る技術料相当額をお支払額通算2,000万円まで保障してくれます。

その他、医療用退院給付特約までセットされた充実した保障内容が魅力です。

女性が心配な病気の入院受療率は30代から増加傾向にありますので、仮に30歳女性がF商品のプラン2に加入すると重点保障の入院日額7,000円、上乗せ保障でさらに3,000円の場合、3年ごとに10.5万円受け取ることができますので、15年で52.5万円となります。

実はこのボーナス(生存給付金)の正体は、私が支払った保険料からまかなわれています。

つまり、ボーナスとは言うもののその分だけ保険料が高くなっておりそれがボーナス(生存給付金)として返ってきているだけなのです。

しかし、近年は超低金利時代なので銀行にお金を預けていてもほとんど金利はつかないのが現実です。

例えば、計画的に貯蓄が苦手な女性は、医療保険の保障を受けながら保険会社にお金(保険料の一部)を預けると考えて、F商品に加入しこの生存給付金で貯蓄していくのは賢い方法だと考えられます。

特に時代とともに女性の労働力化が進展してきたと同時に晩婚化も進み、当然出生率も低下傾向にあります。

少子化になれば労働人口も減り「女性が働くことを自由に選択できる社会」から「女性が働かなければいけない社会」に変わってきているのが現状です。

そのために40代女性の高齢出産が増加してきている中、女性特有の病気にかかってしまうリスクも少しずつ増してきていることに加え、将来的にも結婚・出産・育児を控える女性には貯蓄性のあるF商品はぴったりの保険だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です